読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームを救うビッグプレーを!!

こんにちは!

っちぃです。

 

 

前回は「内野守備」について書きました。

なので今回は守備編第2弾として!

「外野守備」について書きたいと思います。

 

 

 

外野の守備って

フライ捕るだけだし簡単でしょ。

ゴロでも打球弱いし、、、

 

 

違いますよ!

 

外野手は高度なテクニックが必要なんです!

 

 

背走打球へのチャージ捕ってから送球までの早さ送球の強さ

 

 

様々な技術が組み合わさって

プレーが完成するのです。

 

 

 

僕には弟がいます。

大学でも外野手としてプレーしてます。

 

外野守ってて一番大事なことって何?

 

ぼくは弟にそう聞きました。

 

 

すると返ってきたのは

 

 

「1歩目」

 

とのことでした。

 

 

外野手にとって

守備の一歩目は命です。

 

1歩目が早ければ、

いままで追いつけなかった打球が取れる

つまり、

相手チームにとって、ヒットと思っていた打球が取れるということになります

 

チームを助けるビッグプレーに繋がるのです。

 

 

 

しかし、

1歩目が遅ければ

 

取れる打球が取れない

長打を許してしまう

 

長打は相手にチャンスを与えてしまいます。

試合の流れを変えるかもしれません。

 

 

 

外野手は足が速いというイメージがありますが、

それだけではなく、

1歩目というのが守備範囲に大きく影響します。

 

 

足自体が遅くても

1歩目を早くすることで、守備範囲は広くなります。

 

 

 

ではどうしたら一歩目は早くなるのか、、、

 

 

一歩目が遅い人の特徴として、

足裏全体が地面についている

左右どちらかに体重が乗っている

というのがあります。

 

 

まずはここを改善しましょう!!

 

 

打者が打つ瞬間はできるだけかかとは浮かします。

インパクト瞬間に少しだけジャンプします(5ミリくらいで結構です。笑)

 

こうすることで体のバランスが良くなり、

一歩目の反応が早くなります

 

 

 

ではこのブログを読んでいるあなた!!!

外野から見える、打者が打つ瞬間を思い浮かべてください。

 

 

 

 

 

右打者、左打者両方イメージするといいでしょう。

 

このイメージを忘れず、ノックなどを行ってください!

一歩目が早くなります!

 

 

 

今日はここまでです。

読んでいただきありがとうございました(^^)

 

 

 

今後も更新するのでよろしくお願いします。