読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレーヤーとしての極意とは!?

こんにちは!

っちいです。

 

 

今回は

スローイング編第2弾です。

 

 

前回は、

体重移動のための

軸足の重要性について書きました。

 

 

今回は!

 

体重をボールに伝えるということについて書きます。

 

 

軸足に体重が乗っていても、

うまくボールに力を伝えれないというのは

よくあります。

 

肩が強い選手は

自分の体重を思いっきりボールに乗せて

送球ができています。

 

 

 

これから教えることを意識すれば、

体重をうまくボールに伝えることができ、

力強い送球ができます。

 

外野であれば、

中継までの送球が早くなったり

内野であれば、

中継からのバックホーム、深い守備位置からの一塁送球が

安定します。

 

送球は

そのプレーヤーの守備力を表します

 

 

しかし、

送球が弱いと、

深いところから届かない

山なりにしか投げられない

つまり、

走者がセーフになる確率が高くなります。

 

ピンチも広がりやすいです

 

 

今回の記事を読んで、

力強い送球を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

 

では

 

何をすべきでしょうか。

 

 

 

軸足には体重が乗っている、、、

 

うまく伝えるには、、、??

 

 

 

ここで出てくるのが

踏み出し足です。

 

 

右投げであれば左足

左投げであれば右足です。

 

この踏み出し足に

どれだけ体重が乗るかが重要です。

 

 

やり投げの選手をイメージしてください。

 

彼らは槍を投げた後、大きく前に体が進んでいます

これは体重がうまく前に乗って行っている証拠です。

 

 

野球でも同じです

 

 

ではどのように身に着けるのでしょうか。

早速やってみましょう!

 

 

まず、前回と同様に軸足一本で立ってください

その状態から軸足だけで真上にジャンプし、

着地は踏み出し足のみで行います。

 

 

最初は真上ですが、

できるようになってきたら、前に進めるようにしましょう。

 

 

これができてきたら

体重が前に行く感覚が身についてきます

 

 

今日はここまでです。

 

読んでいただきありがとうございました(^^)

 

 

今後も更新していきます!!