読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球のメイン!

こんにちは!

っちぃです。

 

 

今回からは

打撃について

書きたいと思います。

3回にわたって解説していきます。

 

 バッティングは本当に難しいです

僕も大半の時間をこれに費やしてきました。

なので、

これについては3回という

時間を確保して解説していきます。

 

この記事を読んで、

少しでも打撃に対する考え方が

変わってくれれば幸いです。

 

バッティングは

野球の花形ですよね。

 

バッティングを端的に表すなら

「タイミング」

「ポイント」

「スイング軌道」

です。

 

 

この3つを理解していれば

凡打に倒れることは少なくなります。

ミートも上がります。

芯でとらえる確率も上がります。

長打、ホームランも増えるでしょう。

 

 

クリーンナップを任されるかもしれません。

 

 

しかしながら、

タイミングが合ってないために、

インコースに詰まったり、

緩い球に泳いだりするのが

ほとんどの打者の特徴です。

 

ポイントも分かっていないために

窮屈なスイングをしていることもあります。

 

 

永遠に下位打者です。

 

相手から見れば

アウトを取るのに苦労しないバッター

のままです。

 

 

まずは

タイミングとポイント、スイング軌道についての

理解を深めましょう!

 

 

 

 

 

今回はタイミングについてです。

 

あなたはどのようにタイミングをとっていますか?

 

手でタイミングをとっている

足のステップ

足を上げる

etc、、、

 

個人にとって様々あると思います。

 

 

しかし!!

どの取り方でも意識してほしいことがあります!!

 

それは、、、

 

 

 

ピッチャーとシンクロする

 

 

 

ということです。

 

 

 

シンクロ?

 

これはピッチャーの動きに合わせて、

自分の動きを合わせるということです。

 

 

自分が止まってる状態でボールを待つより、

動いてる状態のほうが、

反応はしやすいのです。

 

 

あのイチローを思い浮かべてください。

少し体を揺らしていますよね?

 

 

これがシンクロです。

 

 

ピッチャーの動きに合わせることで

逆にピッチャーに対し、

プレッシャーを与えることができます。

 

シンクロしているだけで、

タイミングが合っているなと

感じ取らせることができます

 

 

ピッチャーに

いやらしいバッターという印象を与えます。

 

こうなれば

投げる前から打者有利ですよね!

気持ちに余裕も持てますね。

 

それではこのブログを読んでいるあなた!!

いますぐに!

 

体を揺らしてみてください!

 

そして、

今まで対戦したピッチャー誰かを思い浮かべ、

体を揺らしながらタイミングをとってみてください。

 

 

イメージできましたか?

 

このようにイメージを膨らますことが大事です。

 

 

今日はここまでです。

次回は

「ポイント」について

書きたいと思います。

 

 

読んでいただきありがとうございました(^^)