読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇〇の意識で打線のキーマンに!!

 

こんにちは!

っちぃです。

 

バッティング編第2弾です(^^)

 

前回は

タイミングについて

書きました。

 

今回は

「ポイント」

について書きたいと思います。

 

 

「ポイント」を理解していれば、

 

打球方向を変えられます

コースによって打ち分け

できるようになります。

 

あなたが打線で求められる役割が増えるのです

 

 

しかし、

ポイントを理解していなければ、

 

いわゆる、

腰の抜けたスイングになり、

ボールを迎えにいったり、

思ったところに打てない

 

窮屈なスイングになりかねません。

 

また、

変化球にも

対応することは難しいでしょう

 

 

 

 

では、

ポイントとは何を意識したらいいのでしょうか

 

 

結論から言うと、

ポイントは1点ではありません

 

 

後の、

スイング軌道とも関連するのですが、

ポイント=1点と思ってしまうと、

小さい変化球に対応するのが難しくなります。

 

そのために、

ポイントは点ではなく、

面、線でとらえる

という考え方にしてください。

 

ここら辺に関しては次回、

スイング軌道でも書きますので

楽しみにしておいてください。

 

 

今回のポイントとは

一番力の入るポイント

を意識付けします。

 

 

最も力の入る点、

それは

へその前です。

 

 

空手の選手

をイメージしてください。

 

これ、

体の真正面

突き出していますよね。

 

このように

最も力の入る点は、

体の正面=へその前

なのです。

 

 

それではこの記事を読んでいるあなた!!

 

自分の体の正面に大きくXを描いてください。

 

両手を組み、

右上→左下

左上→右下

といったように大きくです。

 

これのクロスするところ、

そこが最も力の入るポイントです。

 

 

ティーや素振りでは

まずはこのポイントで打てるようにしましょう。

 

力強い打球を!!

 

 

今日はここまでです。

 

次回はこのポイントにも深く関係する

スイング軌道

について書きます。

 

読んでいただきありがとうございました(^^)