読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習だけじゃない!アスリートが最も気をつけてること、それは◯◯!

こんにちは!
っちぃです。


前回までは
守備や打撃、走塁について
書きました。


ですが!

みなさん、
思い起こしてください。

僕が1番最初に書いたこと。

「僕は心技体すべてにコミットする」

僕はこう書いてます。



そこで!
今日からは、
食事とトレーニング
について書きます!




今日は食事です^ ^



高校野球と言えど、
プレーヤーはアスリートです。



一般に
高校球児の1日の消費カロリーは
およそ5000Cal
と言われています。





成長期と重なるこの時期
厳しい練習の中で
体を大きくする必要があります。




栄養バランスのとれた
食事をとることが求められます。



この記事を読めば
あなたの食事に対する意識が変わります。




食事は
すぐに身体に反映されます。



練習の体力、エネルギーは
バランスのとれた食事でしか補ません。





体重、筋肉量が効率的に増えます。
そうすると
試合で疲れにくくなります。





つまり
連戦でも
あなたのパフォーマンスが
落ちることはないのです。



しかし
偏った食生活では





思うように体重も増えませんし、
疲れも溜まりやすいです。





筋肉もつかないため、
パフォーマンス向上につながりません。




連戦がつづくと
疲れがたまってしまい
思ったプレーが出来なくなります。






技術はつけたのに
疲れが溜まって
思うように身体が動かない。。。




そんな事態は嫌ですよね?





そうなる前に!
食事を改善し
パフォーマンスを
向上させましょう!






では
食事で気を付けることとは
何でしょうか。



真っ先に取り組むべきは
食事全体の量を増やす
ということです。




その中でも
特に主食ごはんの量
を増やすことを意識してください。


また、
納豆キムチなどを加えれば
ご飯も進む

それらの栄養もとれる

という二重のメリットが期待できます。




もちろん
ビタミンミネラルなど
他の栄養にも気をつけなければなりません。

しかし、
栄養バランスを気にするあまり、
食事量が増えず
体重が増えないということもあります。





そうではなく
まずは
食事量を増やすこと。




そして
増やした食事量で
栄養バランスを
意識していきましょう



では
ブログを読んでいるあなた!


スマホ
「野球選手 食事」
の画像検索をしてください。



どうですか?
食事量、ご飯の量が多くないですか?




いっぱい食べて、
強い体を手に入れましょう!!





今日はここまでです。
読んでいただきありがとうございました。