読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常動作から上達へ繋げる術とは??

 

こんにちは!

っちぃです。

 

前回まではピッチングについて書いてました。

ですが、

ここからは投手、野手とミックスして書いていきたいと思います。

 

今回は「内野守備」です。

 

 

 

 

 

内野手の皆さん、

 

 

腰を落として低く

 

 

このように指導されませんか?

 

もちろんこれは間違いではないのですが、

もう1つ重要なポイントがあります。

 

それは

 

 

頭の位置を上下させない

 

 

ということです。

 

ただ腰を低くではありません。

その高さで捕球から送球まで行うのです。

 

 

 

 

これができれば

エラーも格段に減ります。

送球も安定してきます。

流れを変えるようなビッグプレーにもつながります。

 

 

 

 

逆に、

浮いてしまえば、

 

打球が怖い

バウンドが合わない

捕球したとしても悪送球してしまう

 

といったことになるでしょう。 

 

 

 

え?送球の時は頭上がらない?

捕球の時は絶対下がるけどどうやってその高さをキープするの?

 

 

 

 

大丈夫です!

日常のちょっとしたところに意識をおきましょう。

 

例えば

ランニングやダッシュの際

頭を上下させず走ると考えるだけで

自然と身につきます。

 

1度キープすることが身につけば

その位置が高かろうが低かろうがどんな高さでもできるようになります。

 

 

 

 

 

その際に重要なのが

膝の柔らかさです。 

 

 

 

 

 

この頭を上下させない姿勢のミソは

膝に集結します。

 

 

ではブログを読んでいるあなた!

 

軽く屈伸運動をしてください。

そして膝を上下左右に適当に動かしてください。

 

このような柔軟性が大事なのです!

 

 

膝が柔らかく使える

→頭が上下しにくくなる

→腰を低くできる

→エラーが減る、送球が安定する

 

 

まずは日常動作から!!

体を使っていきましょう!

 

 

今後も守備に関する知識を公開したいと思いますので、ご期待ください!

 

 

 

読んでいただきありがとうございました(^O^)